蔵元で選ぶ | 取扱地酒銘柄 | 地酒の籠屋 | 東京都狛江市の酒屋 籠屋 秋元商店

Prodcuts

フリーワード検索
Maker

[ 酒種で絞り込む ]

  • 菊駒酒造

    青森県

    菊駒酒造

    創業は1910年、青森県三戸郡にある地元に愛されている酒蔵です。『青森に菊駒あり』と言われるほど地元に根強く人気のある蔵元です、十分なコクと旨味が後引く存在感のある酒質です。味わいのある酒造りをしています。杜氏の三浦さんは東京農大を卒業した後、弊社で修業をして酒蔵を引き継ぎました。

    詳細はこちら
  • 三浦酒造

    青森県

    三浦酒造

    創業は昭和5年。家族中心の小さな蔵です。岩木山・赤倉山系の伏流水と契約栽培された良質の酒造好適米を用いて、造り手の顔がみえる丁寧な小仕込みにこだわって酒造りを行っています。『豊盃米』5代目蔵元となる三浦兄弟が酒造りの陣頭に立ち、家族と地元の蔵人たちで切り盛りする、こぢんまりとした酒蔵。全国でこの蔵だけが契約栽培する酒造好適米「豊盃米」をメインに使用し、岩木山の伏流水で醸す。

    詳細はこちら
  • 赤武酒造

    岩手県

    赤武酒造

    明治29年創業の岩手県大槌町にある酒蔵「赤武酒造」。3.11の震災により蔵が流されてしまい、2013年に盛岡市北飯岡に新工場を落成。困難を乗り越え今は若い蔵人が活躍しています。「岩手から日本を代表する銘酒へ」2014年より日本を代表する銘酒を醸したいという想いから誕生した「AKABU(赤武)」杜氏は若き6代目 古舘龍之介さん。新しい時代に受け継がれていく酒造りを目指しています。

    詳細はこちら
  • 大沼酒造店

    宮城県

    大沼酒造店

    作業のほとんどを手作業でこなしてしまうという完全手造り蔵。単に淡麗ではなくふっくらとした酒質のお酒です。 創業300年、大沼酒造店は、歴史情緒が色濃く残る町並みのシンボル的存在で、その味とともに地元に愛されてきました。「乾坤一」は、ササニシキを原料米に用い、やさしい旨みとキレの良い味で知られています。昭和の地酒ブームの折、地元の米と水、人を生かしてこそ本当の地酒との考えから、他県産の酒米を県産のササニシキに切り替える決断をしました。

    詳細はこちら
  • 平孝酒造

    宮城県

    平孝酒造

    「魚でやるなら日高見だっちゃ!」 港町『石巻』は世界三大漁場のひとつ「三陸・金華山沖」を抱え、四季折々の魚介類が豊富に水揚げされます。この地に酒蔵を構えています。文久元年(1861)創業、岩手県盛岡市の菊の司酒造から分家し、石巻で酒造業を始めました。「日高見」の名称は、現在の北上川を指す昔の呼称「ひたかみがわ」が由来です。

    詳細はこちら
  • 山和酒造

    宮城県

    山和酒造

    『燗でよし、冷でよし、飲み飽きしない、』 突出した個性ではなく、バランスの良さ、親しみやすさを重要ポイントに醸す味わいです。シンプルイズベスト!!

    詳細はこちら
  • 千田酒造

    宮城県

    千田酒造

    名水「栗駒山系伏流水」を使い、南部杜氏と蔵人と社長が一体となって丹誠込めて酒造りをしている総石高260石の蔵元です。

    詳細はこちら
  • 株式会社佐浦

    宮城県

    株式会社佐浦

    宮城県は全国屈指の米どころとして、ササニシキやひとめぼれなどの美味しい銘柄米の産地です。また世界でも有数の漁場である三陸沖が間近に控えており、塩釜は豊富な海の幸、特に生鮮マグロでは全国屈指の水揚げ港としても知られています。浦霞は、このように歴史的にも食文化的にも恵まれた塩釜の地で地域社会と深く関わり合いながら発展し、その味わいが育まれ、磨かれてきました。12号酵母発祥の酒蔵としても有名です。

    詳細はこちら
  • 刈穂酒造

    秋田県

    刈穂酒造

    1913年(大正2年)、秋田県にて創業。「刈穂」の酒名は、百人一首の最初の歌としても知られている『秋の田のかりほの庵のとまをあらみ わが衣手は露にぬれつつ』に由来します。醸造される全ての酒が特定名称酒(本醸造以上の日本酒)で、日本国内のみならず、アメリカやヨーロッパにも多くの銘柄が流通しています。

    詳細はこちら
  • 齋彌酒造店

    秋田県

    齋彌酒造店

    明治35年(1902年)に初代 齋藤 彌太郎により創業されました。自社培養酵母と米の磨きにこだわった酒造りを創業以来のモットーにしています。NHK「プロフェッショナル」でもご紹介されました。『のぼり蔵』酒蔵は創業当時から現在の傾斜地に建てられ、高低差が約6メートルある一番上の精米所に米が運ばれ、酒造りが始まります。次に敷地内で湧き出す伏流水で仕込まれ、工程が進むにつれて下に移動していきます。登っていったお米が日本酒となって下に下りてくる仕組みです。

    詳細はこちら
  • 栗林酒造

    秋田県

    栗林酒造

    栗林酒造店は、明治7年(1874年)秋田県六郷村(現美郷町)にて、栗林家5代目・栗林直治によって創業されました。かつての六郷は佐竹公の隠居の地で、商業の中心地でした。仙北平野の良質の米と、豊富な地下水に恵まれて酒蔵が20以上あったとされる地域です。 春霞の銘柄はいつごろから使われたのか定かでありませんが、謡曲「羽衣」の一節、「春霞たなびきにけり 久方の月の桂の花や咲く~」から取ったといわれています。また、「霞」が古くは酒の異名であったことにも関係があるとされます。

    詳細はこちら
  • 山本合名会社

    秋田県

    山本合名会社

    明治34年創業当時は小さい蔵だったが大正時代に拡張、昭和40年初期から大吟醸の出荷を全国に先駆けて開始し、現在は特定名称酒のみを製造しています。白瀑は蔵の裏手に連なる世界遺産の白神山地に湧き出る天然水を、自家水道を利用して直接酒蔵まで引き込み、仕込を始めとする全ての工程に湧出たままの状態で使用する、全国で唯一の蔵元です。

    詳細はこちら
  • 日の丸醸造

    秋田県

    日の丸醸造

    蔵元のある横手市は世界屈指の豪雪地帯です、日本第3位、世界第8位の豪雪地帯「秋田県」の中でも特に雪深い地域です。雑菌も繁殖しづらい過酷な生活環境下で、豊富な水脈から上質な軟水を井戸で汲み上げ、綺麗で優しい酒を目指して日々酒造りに精進しています。

    詳細はこちら
  • 亀の井酒造

    山形県

    亀の井酒造

    「美味しいお酒を呑んで頂きたい」と、消費者最優先の考え方で瓶燗 火入れをし、手間のかけた造りです。メインの商品、純米吟醸『くどき上手』が全体の7割を越え、蔵内平均精白50%の全量吟醸酒を製造しています。創業は1875年(明治8年)出羽三山の1つ羽黒山神社よりほど近い、田園の中にあります。現在は約1300石、四季折々の変化が美しく、清らかな水、新鮮な空気、恵まれた環境の中で酒造りをしています。

    詳細はこちら
  • 杉勇蕨岡酒造

    山形県

    杉勇蕨岡酒造

    昔ながらの山廃造りの仕込を行い、深みのある味わいを表現してます。山形の地酒らしさを表すため、山形の酒造好適米「出羽燦々」「出羽の里」等を使った酒造りをしています。創業は大正12年(1923年)と古い歴史のある蔵元です。鳥海山のふもとの水で仕込んだ地元に根付いたお酒です。昔ながらの造りにこだわった、飲み飽きない味わい深い酒を醸しています。

    詳細はこちら
  • 酒田酒造

    山形県

    酒田酒造

    純米酒、純米吟醸酒の製造研究に力を入れ、商品ごとに特徴のある味や香りを持ち、消費者のニーズに合った酒をつくっています。また、清酒の熟成について、社長自ら取り組み、熟成の方法の違いや、清酒のタイプ別、熟成年数別等、色々な熟成酒を研究しています。

    詳細はこちら
  • 長沼合名会社

    山形県

    長沼合名会社

    家族で経営するすべてを手造りにこだわる小さい酒蔵さんです。食事との相性の良いお酒を醸し、その先のお客様の心に響く酒造りを目指しています。地元山形県長井市の手仕事に魅せられ物づくり(陶芸、漆工芸、獅子彫り工芸)を続ける職人達「手しごと衆・つくりと邑」がいます。「つくりと邑」の心と長沼家が代々受け継いできた「惣右衛門」の名前から1字取り、手造りの酒の心を託し、(惣邑・そうむら)と命名されました。 夫婦二人三脚で酒造りを行っている小さな酒蔵。自分たちの飲みたいお酒!をテーマに丁寧に丹精込めて造っています!

    詳細はこちら
  • 鈴木酒造店

    山形県

    鈴木酒造店

    創業は天保年間。しっかりとふくよかな米の味が味わえるお酒です。 日本酒は米の酒!と黄金色の酒は米の味をいかした旨酒を醸す蔵元です。 「男酒」と称される旨味、コクがイヤミなく調和され、どっしりとした味わい。バランス良く骨太、味の濃厚な料理にも負けません。 伝統的な立ち位置より、親しみ易さの中に品格を備えたお酒を目指しています。「海の男酒」として歴史を培った味わいを守りながら、日々酒質開拓に挑戦されている蔵元さんです!

    詳細はこちら
  • 六歌仙

    山形県

    六歌仙

    酒造りの主原料であるお米を見極めることが酒造りの始まりとし、原料米の約98%は、山形県産米を使用しています。主な山形県産米は、出羽燦燦、美山錦、出羽の里、雪女神、その他食用米からはえぬきや、つや姫を使っております。これにより、山形の風土を感じるお酒を醸すことが出来ます。その他、県外米で山田錦を取り入れ、酒を醸しております。

    詳細はこちら
  • 楯野川酒造

    山形県

    楯野川酒造

    山形県酒田市に位置する酒蔵で、 楯の川酒造は庄内藩主酒井公により命名されました。 日本酒は純米大吟醸しか造っておらず、自社精米、蓋麹法、完全な妥協をしない酒造りや、その酒に対する杜氏・蔵人の姿勢は、大勢の方々の支持を受けています。 今注目の酒蔵です。

    詳細はこちら
  • 曙酒造

    福島県

    曙酒造

    明治37年(1904年)、会津坂下町にて創業創業者の鈴木幸四郎氏は、地元の味噌を造る蔵で大番頭を任されていた人物でしたが、ある日、小作人が作る米の良さに着目し、独立して酒蔵を興したのが始まりです。100年を超える歴史を持つ曙酒造ですが、初代の鈴木幸四郎氏以降の記録には、3代続けて女性が蔵元を務める「女系の酒蔵」という歴史を持っています。

    詳細はこちら
  • 国権酒造

    福島県

    国権酒造

    少量生産による手造りの「正直な酒」を提供することをモットーにし、冷やで良し燗で良しの美酒を醸しています。創立明治10年。全商品特定名称酒のみを製造しています。平均精米歩合55%、厳選した酒造用米と地元奥会津の清らかな水を仕込み水とし、丁寧に仕込んでいます。

    詳細はこちら
  • 宮泉銘醸

    福島県

    宮泉銘醸

    昭和三十年十二月 宮森啓治酒造として設立、代表銘柄は、蔵の名前にもなっている『宮泉』(蔵の井戸が酒造りにもっとも適するという灘の「宮水」に極めて近い水質を示すことから名づけられました。)と『写楽』同じ市内にあった東山酒造より譲り受けた銘柄があります。今なお進化し続ける目が離せない蔵元さんです。

    詳細はこちら
  • 仁井田本家

    福島県

    仁井田本家

    1711年創業の原料米を自然米のみにこだわった老舗の酒蔵です。「酒は健康に良い飲み物でなければならない」という信条を代々受け継ぎ、日本で最初の自然酒を醸した仁井田本家は、自然米100%、天然水100%、純米100%の酒造りをしています。

    詳細はこちら
  • 開当男山酒造

    福島県

    開当男山酒造

    創業は享保元(1716)年。創始者の当家3代目渡部開当(はるまさ)の開当がそのまま銘柄となっており、以来14代、300年にわたり寒冷地を生かした独自の酒造りに取り組んで参りました。現在は、蔵人すべてが地元の者になり、昼夜を通してよりいっそう丁寧な造りに励んでおります。

    詳細はこちら
  • 菊の里酒造

    栃木県

    菊の里酒造

    『大いなる那須の大地の恵が育んだ手造りの清酒。』慶応2年(1866年)に創業。「一流」「君の友」等、代々の銘柄を経て昭和30年(1955年)に菊の里酒造に発展し、現在は主力銘柄「大那」を中心にリキュールなども製造し現在にいたります。

    詳細はこちら
  • ベンチャーウイスキー

    埼玉県

    ベンチャーウイスキー

    羽生蒸溜所創始者の孫である肥土伊知郎が創業したベンチャーウイスキーの秩父蒸溜所。2008年2月に稼働を始め、秩父の風土に根ざしたシングルモルトウイスキーづくりが行われている。現在の定番商品には、羽生蒸溜所の原酒と秩父蒸溜所の原酒をヴァッティングしたダブルディスティラリーズ、ワインウッドリザーブ、ミズナラウッドリザーブの3種類を主軸に、数量限定で秩父The First 3年、秩父The Floor Malted 3年、秩父The Peatedなどのシングルモルトもリリースされ始めている。いずれも国内外で高い評価と数々の受賞を誇り、世界のウイスキーファンから注目を浴び続けている。  (出典) WHISKY Magazine 

    詳細はこちら
  • 東灘酒造

    千葉県

    東灘酒造

    房総半島の漁業基地・勝浦に慶応三年創業。山から湧出する良水で仕込む酒は、海の幸に合う淡麗ですっきりした酒質が特長です。

    詳細はこちら
  • 豊島屋酒造

    東京都

    豊島屋酒造

    屋守~豊島屋酒造~ 東村山市 お酒は、人と人のつながりを生み出す文化だと思います。お酒を媒介に、お酒が好きな人だけでなく、お酒を飲めない人や子どもたちまで多様な人びとにお酒の文化を楽しんでいただくことによって、人と人の縁が醸され、つながりの輪が広がり、和を築く絆が生まれます。その意味では、酒蔵はお酒を醸す場であるとともに縁醸しの場でもあります。私たち蔵人は、よいお酒を醸すとともに、人と人の縁を醸すことに誇りを持っています。 「東京発の旨い酒を世界に発信したい」との思いから手作業で丁寧に、熱意溢れるお酒を醸しています。フレッシュで果実味があり、とにかくジューシー!!日本酒が初めての方、新しいお酒に挑戦したい方などに今おすすめの注目の蔵元です。

    詳細はこちら
  • 八丈興発

    東京都

    八丈興発

    江戸時代、八丈島では度重なる飢餓対策の為、貴重な穀類を使用する酒づくりが禁じられていました。そこへ薩摩より流人として八丈島に流されてきた丹宗庄右衛門(たんそう しょうえもん)が、自身の地元、九州でつくられているさつま芋を使用した焼酎の製造方法を伝えたことが、八丈島の島酒の原点となっています。

    詳細はこちら

籠屋秋元商店 営業時間

定休 10:00 ~
20:00
10:00 ~
20:00
10:00 ~
20:00
10:00 ~
20:00
10:00 ~
20:00
10:00 ~
19:00

販売・ご案内致しました商品は、店頭渡し又は、宅配便でお送り致します。尚、ご紹介だけにとどめさせていただいているお酒・店頭販売のみのお酒もございます。誠に勝手ながら御了承ください。
ご注文は、電話・FAX・メールで承っております。

ソーシャルメディア・関連リンク

[ 籠屋 秋元商店 ]
[ 籠屋たすく ]
[ 籠屋ブルワリー ]

※お問い合わせは電話もしくはWEBサイトのお問い合わせページからお願い致します。Facebook、Instagramでの商品予約、お問い合わせは申し訳ありませんが受け付けておりません。

籠屋たすく 営業カレンダー

2022年1

1定休 211:30 ~
22:00
311:30 ~
22:00
4定休 5定休 6定休 7定休 811:30 ~
23:00
911:30 ~
22:00
10定休 11定休 1217:00 ~
23:00
1317:00 ~
23:00
1417:00 ~
23:00
1511:30 ~
23:00
1611:30 ~
22:00
17定休 18定休 1917:00 ~
23:00
2017:00 ~
23:00
2117:00 ~
23:00
2211:30 ~
23:00
2311:30 ~
22:00
24定休 25定休 2617:00 ~
23:00
2717:00 ~
23:00
2817:00 ~
23:00
2911:30 ~
23:00
3011:30 ~
22:00
31定休

アクセスマップ

〒201-0016 東京都狛江市駒井町3-34-3

籠屋 秋元商店

TEL. 03-3480-8931 FAX. 03-3489-2044
受付時間:10:00 ~ 19:00
籠屋(有)秋元商店

[ 最寄駅 ]

・小田急線和泉多摩川駅下車徒歩20分
(喜多見住宅行きバス10分駒井バス停前/バス時刻表はこちら

・駒井大通り 駐車場有り

籠屋 たすく

籠屋 たすく